株式会社丸陽は長野県上田市海野町に本社を置く、文具事務機器からオフィス空間全般を取扱う会社です。

創業は文久3年と歴史が長く、当時日本で有数の産地であった上田にて蚕種の輸出業からスタートした。その後は紙、墨、筆等の商いに移行し、時代の進展とともに文具事務機器販売業として発展してきました。

このプロジェクトは、過去-現在-未来をつなぐ現在進行形のオフィス“ing Lab.office”というテーマではじまりました。限られた面積の中でも、リフレッシュスペースを広く充実させたのが特徴だ。休憩場所としてだけでなく、要望でもあった働き方の多様性の実現を目指した。オフィス家具のショールームとして、既製家具をバラバラに配置している。造作の素材や形状・色はシンプルにすることで全体をまとめた。特徴的なルーバーは、エントランスとしての存在感を演出し、リフレッシュスペースの天高を低く設定でき、床の高低差により居心地の良い落ち着いた空間になった。

スタッフひとりひとりがtrial and errorをしながら、柔軟に変化し成長していける空間を目指しました。

■建築概要

主要用途:オフィス(改修)

所在地 :長野県上田市、日本

構造  :RC造

施工  :2019

建築主 :株式会社丸陽

延床面積:65㎡(オフィス全体:230㎡)

担当  :田中允也

©2020 tanaka+seko.